消防士になるための総集保存サイト

Sponsored Link

消防士になる為に消防士について知ろう

消防士を目指す前に、消防士に関する、とある数字を知っておこう。
2012年度の年間の火災件数は、消防庁の統計によると、44,189件。
1日平均約121件で、時間で割ると、およそ12分に1件の高確率で、火災が発生している事になる。

 

この数字を見れば分かるように、消防士という仕事がどれほど重要で、どれほど大事だか、分かってもらえるだろうか。
だが、消防士になるには、かなりの倍率を超えなければならない。

 

2012年度の、東京消防庁における消防士の採用試験の合格率は、約20倍。
消防士は公務員として安定している上、町や市民を守る責任感ある仕事。
男性の方で、一度でも憧れた方は少なはないはずである。
その為、通常の公務員試験よりも、難易度の高い採用率になっているのだ。

 

だからこそ、やりがいがあり、人々の期待を背負った職業であると言えよう。
消防士になる為に、公務員試験は避けては通れない道なのだ。
その努力を惜しまないで欲しい。


消防士になるのは大変やね

↓ ↓ ↓

Sponsored Link